写真

同じ写真でも現像次第で雰囲気が変わります|透明感や色合い・質感など

ホーム » デザイン » 写真 » 同じ写真でも現像次第で雰囲気が変わります|透明感や色合い・質感など

今回は、写真の現像に関してのお話です。

ホームページの素材としてはもちろんですが、会社やお店の案内をする際にほぼ必須の情報素材である写真をよりこだわったものにしませんか? 

スポンサーリンク

現像によって写真の雰囲気は大きく変わります。

実際の写真を3枚用意し(フリー素材)元の写真と違うイメージで現像しました。

下の写真が例となります。

元の写真

それぞれどうでしょうか?

全く同じ写真でも全然違う雰囲気になりましたよね?

このように、写真はデジタル現像の方法によって別のイメージにすることが可能です。

透明感のある写真へ

こちらは、スライドの一枚目に用意した女性の写真です。

元の写真がこちらになります。

元の写真

これを現像することによって透明感のある写真になりました。

RGBのトーンカーブを修正、諧調の修正を行った写真となります。

色合いを変更して映画のような雰囲気に

こちらは、色合いを変更して映画のような雰囲気に現像したものです。

色相を修正することで以下のような写真になります。

質感を表現して男らしい雰囲気に

3枚目の写真が男性の写真になります。

背景ボケしていていい雰囲気の写真ですが、男性を写すには柔らかすぎる雰囲気です。

これを(見本なので極端ですが)男性らしい雰囲気にするべく、質感を向上させコントラストも上げました。

写真の雰囲気に満足いかなかった場合は修正可能

今回、現像した写真の例は、全てJPGなので、自由度が低めですが、デザインに使用される写真は、基本的にRAWで記録してますので、ある程度自由に雰囲気を変えることができます。

私も写真を撮影しますが、もし雰囲気の希望がありましたら、気軽にご相談ください。

スポンサーリンク


田村 健太

NiGLAN代表の田村健太です。ブログ歴8年のSEO知識と経験の元、SEOに強いホームページを制作いたします。私のブログも50万アクセスと個人ブログの中でも上位のアクセス数を勝ち取っているので、安心してお任せください。Illustrator,Photoshopの歴は8年、HTML,CSSの歴は4年となっています。

スポンサーリンク
Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound

©︎ニグラン