SEO対策

一生懸命ブログを書いてもアクセス数が増えない人の共通点

ホーム » WEBマーケティング » SEO » SEO対策 » 一生懸命ブログを書いてもアクセス数が増えない人の共通点

今回は、「ブログを書いてもアクセス数が増えない人の共通点」について解説します。

ブログの記事を書くことは、「アクセス数を集める」上で非常に重要な作業になりますが、方法を間違えていると、どんなにブログを書いても成果が上がりません。

頑張ってブログを書いているのに全然アクセス数が増えないよー

という方は、ぜひご覧ください。

アクセス数が増えない理由

・SEOの基礎準備が出来ていない
・SEOで悪評価を受けている
・タイトルの設定が検索エンジンを意識できていない
・検索キーワードに対して情報の提供ができておらず解決に結びつかない
・ブログのテーマが悪い
・まだまだ記事数が少ない

スポンサーリンク

SEOの基礎準備が出来ていない

SEOの基礎準備

まず最初に考えられるのは、「SEO」の基礎準備が出来ていない場合が考えられます。

実際にアクセス数の相談に乗った際に、サイトを閲覧してみると、そもそもサイトのSEOに対する基礎準備が出来ていないことが非常に多く見られます。

実際に、相談に乗った際に以下の項目が見られたことがありました。

・常時SSL化されていない
・プライバシーポリシーページが無い
・プロフィールページやプロフィール欄が無い
などなど

このような状態では、そもそもブログを書き進めていてもSEO対策の基本が出来ていないためアクセス数が増えません。

まずは、サイトの最初の段階での基礎準備を行いましょう。

SEOの基礎準備に関してはSEOのEAT(専門性/権威性/信頼性)の解説と具体的対策方法で解説した内容をご覧ください。

SEOで悪評価を受けている

悪評価を受けている

SEOで悪評価を受けているとアクセス数は増えません。何故ならば、Googleなどの検索エンジンに「悪質なサイト」としてマークされているため、検索に引っかからないようになっているからです。

もちろん普通に運営していれば、悪質なサイトとしてマークされることはありません。

しかし以下の場合、悪評価を受けます。

・ワードサラダが存在する
・コピーコンテンツが存在する(著作権違反)
・スパムの被リンクがある(悪徳SEO対策会社を使った場合)
・犯罪コンテンツ
などなど(詳しくは→SEOでマイナス評価を受けるコンテンツとは?【12個の要素】

先ほども言いましたが、普通に運営していれば、悪質なサイトとしてマークされません。

しかし、SEO対策の為にズルをしたり、著作権違反を犯していたり、犯罪を促すコンテンツを発信しているとSEOで悪評価を受けます。

タイトルの設定が検索エンジンを意識できていない

タイトルがダメ

タイトルの設定が検索エンジンを意識できていない場合、どんなにブログを書いてもアクセス数は増えません。ブログを書いた時間の数だけ浪費に繋がります。

たまにブログのタイトルで「昨日…」というタイトルを設定している方が見られます。

これは、ブログ記事の内容が伝わらないタイトルです。もちろん検索エンジンに引っかかりません。そして、何かの奇跡が起きて検索エンジンに表示されたとしても、検索リンクが「昨日…」という謎のタイトルの記事にアクセスしようとは思いません。

検索エンジンを意識したタイトル設定を行うことで記事毎の検索流入が発生しアクセス数が増えます。

タイトルの設定方法に関しては、タイトル(H1タグ)の最適な設定方法と文字数の上限【SEO対策】で詳しく解説していますので、ご覧ください。

スポンサーリンク

検索キーワードに対して情報の提供ができていない

情報不足

検索キーワードに対して情報の提供ができておらず、解決に結びついていない場合があります。

検索エンジンの存在意義は「調べたい情報・知りたい情報を得ることができる」という点です。

例えば、今ご覧いただいているブログは「アクセス数が増えないことに悩んでいる人」に対するブログタイトルです。

しかし、閲覧してもアクセス数の増やし方がわからない、アクセス数が増えない原因がわからない内容だったらどうでしょうか?

そんな記事は閲覧する必要がありません。ユーザーのニーズに応えることができない記事は検索順位が下がる為、アクセス数が増えないのです。

実際に陥りがちな情報提供できていない記事の事例は以下の通りになります。

・「答えはお問い合わせから」など、登録や請求をしなければ解決できないページ
・「ブログタイトル」と話が脱線して、最終的に違う内容を言っているページ
などなど

ブログのタイトルで設定した情報をしっかり提供できるブログ記事を記載しましょう。

ブログのテーマが悪い

テーマが悪い

ブログのテーマが悪いとアクセス数がなかなか増えません。

例えば、「レシピ」を扱うブログを書いたとしましょう。

「レシピ」は大手のレシピサイトが検索の上位を占めていて、なかなかSEOで優位性を得るのが難しい状態です。

このように「競合が巨大なテーマ」はなかなかアクセス数を稼ぐのが難しいです。

もちろん、その競合よりも、豊富な情報量と品質の高い情報提供ができれば、追い越すことも可能ですが、その難易度は非常に高いのが現状です。

どうしても巨大な競合がいるテーマで発信をしなければならない場合は、「ニッチな記事」を書くことによって差別化を行いましょう。

まだまだ記事数が足りない

記事数が足りない

記事数が少ない状態でアクセス数が少ないことを嘆くのは早いです。

記事数が少ないと「内部リンクが少ない」「アクセスを集めるページの量が少ない」「豊富な情報を提供できるサイトではない為、検索順位が上がりづらい」という状態です。

これでは、SEOもまだまだ強くなりませんし、記事をどんどん書き進める必要があります。

まずは、100記事書きましょう。

ブログを書く練習にもなりますし、内部リンクが潤沢になり、アクセスを集めるページも多くなり、サイト全体の規模が大きくなります。

100記事書いたらようやくスタートラインです。

まとめ

今回は、一生懸命ブログを書いてもなかなかアクセス数が増えない人の共通点を解説しました。

今回紹介したものは代表的な一部となっていますので、他にも細かい原因があったりします。

もし、アクセス数でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

WEBマーケティングに関するお手伝いの料金プランはこちらからご覧いただけます。

スポンサーリンク


田村 健太

NiGLAN代表の田村健太です。ブログ歴8年のSEO知識と経験の元、SEOに強いホームページを制作いたします。私のブログも50万アクセスと個人ブログの中でも上位のアクセス数を勝ち取っているので、安心してお任せください。Illustrator,Photoshopの歴は8年、HTML,CSSの歴は4年となっています。

スポンサーリンク
Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound

©︎ニグラン