SEO・SMM(ソーシャルメディアマーケティング)などによってリード(見込顧客)の獲得ができるようになったとしましょう。

しかし、リードが増えただけでは商品は売れません。もちろん、リードに対してセールスを行えば売れるようにもなりますが、販売もマーケティングで自動化する方法があります。

それが「セールスライティング」です。

セールスライティング=売れる文章作り

セールスライティングとは「売れる文章作り」「売るための文章作り」を指します。

セールスを文章に任せてしまおうというものですね。

実際、インターネットでものを購入する際には、このセールスライティングで買う動機を見出して購入している人が多いはずです。

セールスライティングには基本的な型があります

セールスライティングには売れる型が存在します。

「そんなうまい話があるわけない」と学ぶ前は僕もそう思いましたが、実際にあります。

なぜならば、ほとんどのセールスライティングが数種類の型通りに作られているからです。

画像は型を元に作られた文章のアイデア出しのマインドマップです。

売れる型を利用すると誰でも簡単に文章が作れる

売るための文章作りは、0から考えるのは非常に難易度が高いです。

このようにアピールすれば良いのではないか?と色々考えても、お客様からしたら「ただただ商品の強みを話されて自分にどんな影響があるかがわからない」「他者との違いばかり話されても…」と理想と異なるリアクションをいただくことも多いです。

せっかく考えた文章が売れない文章になってしまっては時間の無駄です。

しかし、「売れる型」の通りに文章を作成すれば、お客様に欲しいと思っていただける情報を届けることが可能です。

もし、この売れる型をご存知でない場合は、勉強をしましょう。

売れる型で文章を一緒に作ることも可能です!

もし、自分で勉強をしてもわからないという場合は、売れる型を使って文章を一緒に考えるワークショップ形式のセミナーも可能です。

ご希望の場合はご依頼ください。

セールスライティング講座
30,000(税込)