集客に繋がるホームページ制作

SEO対策

ホーム » NiGLAN「ニグラン」について » 集客に繋がるホームページの仕組み「SEO対策」

SEO対策とは

SEO対策とは「サーチエンジンオプティマイゼーション(Search Engine Optimization)」の略で、検索エンジン最適化を意味します。
検索エンジン最適化を行う目的は、Google,Yahoo!などの検索エンジンからのホームページへの流入を向上させる為です。
現状のホームページへのアクセスは、「検索エンジン」「リスティング広告」「SNS広告」「SMM(ソーシャルメディアマーケティング)」「純広告」「DSP広告」「リマーケティング広告」「動画広告」「アフィリエイト」「オフライン広告(QRコード)」に限定されます。
SEO対策を行うと、検索エンジンからのアクセスが増える為、基本的にお金をかけずに結果に結びつきます。

アクセスは大半が検索流入

先ほど紹介したようにホームページへのアクセスは、たくさんの流入元がありますが、検索流入がホームページのアクセスのほとんどを占めます。
思い出してみて下さい。自分でホームページから情報を得ようとした際に、ほとんどが検索による情報取得になるのでは無いでしょうか?
広告の類は目に入ってもスルーすることが多く、SNSはすぐに情報が流れてしまいます。またSMMを行おうにも、なかなかフォロワーやいいね!が増えないのが現実です。SMMを行う上でフォロワーを増やすようなスパムツールなんて使ったら目的を忘れた本末転倒の行為でもっとも大きな失敗です。
検索エンジン最適化を行うと、ほとんどの人が情報取得のために行う行動「検索」に強くなるため、多くの方に情報を見ていただけるチャンスに繋がります。

SEOのメリット

SEOのメリットは以下の5つです。

  • 検索エンジンは無料なので、費用がかからない
  • 検索順位が向上すると、継続的に安定した集客に繋がる
  • 「検索を行う」という行動自体が「動機」を元に成り立っている為、コンバージョン率が高い
  • 様々なクエリ(検索キーワード)からの流入が見込める為、様々な角度・視点からの集客ができる
  • 上位表示されると顧客の安心感に繋がり、ブランディング効果がある

これらになります。やはり費用がかからないという事が大きなメリットですし、アクセスが爆発的に増えるのがSEOのメリットです。さらに、「検索」という行動は、何かを実行したかったり、何かが欲しかったり、その人の不便さの解決を行うために検索するため(例:新しいフライパンを買おうとした時に「フライパン オススメ」で検索するなど)非常にコンバージョン率が高くなります。また、サービスを利用しようと考えた時(購入しようと考えた時)に検索しても情報が出てこなかったら、利用を控えてしまいます。安心感に繋がることは非常に大事になります。

SEOのデメリット

そんなSEOにもデメリットがあります。SEO対策を頑張るには以下の覚悟が必要です。

  • SEO対策は効果が現れるまでに即効性が無いため、ホームページを制作してから今すぐに集客させる事には向かない。
  • キーワードによっては上位表示が難しい事がある(ビッグキーワード)
  • ひとつひとつのページに情報のオリジナルさが求められる(重複コンテンツNG)ため、人的コストがかかる
  • アルゴリズムアップデート(検索エンジンの評価基準の変更など)により順位が左右する事がある
  • 基本的に根気が必要

これらがデメリットです。
SEOの効果は非常に大きいです。しかし、検索した後の流入するページのコンテンツを増やしていくということは、「更新していく習慣化」が必要になり「ネタ切れ」が生じてしまう事もあります。結果、更新したコンテンツが内容の薄いコンテンツになってしまったら、見込み顧客は魅力を感じませんし、更新が滞るとSEOの効果もなかなか上昇しません。

メリット・デメリットをお話ししましたが、SEO対策は、ホームページで結果を出していく上で「必須」の項目となります。即効性のある集客が必要になった場合は、広告をうまく併せて使う必要がありますが、いつかの未来の即効性のある集客に対しては、事前にSEOを強化しておけば、いざ、集客が必要なコンテンツをホームページに掲載した際に、広告を使用しなくても集客に繋がるまで成長させる事もできるため、SEO対策は頑張りましょう。

検索エンジンに関して

検索エンジンは何を利用していますか?
日本人が主に使う検索エンジンは、「Google」「Yahoo! Japan」「Bing」がメインです。
その内、約80%の人は「Google」を利用し、約15%の人が「Yahoo! Japan」残り約5%が「Bing」とその他検索エンジンです。
しかも、実は、「Yahoo! Japan」の検索エンジンはGoogleのシステムを利用しているので全体の約95%の人が「Google」の検索エンジンを利用している事になります。

SEO対策=Google対策

ほとんどの人がGoogleを利用している為、SEO対策とは、Googleの検索エンジンに対して最適化を行うことが最重要になります。Googleは、検索エンジンの方向性に対して公式で発表をしているので、しっかり勉強をすればSEO対策も簡単に行えます。しかし、その勉強を一生懸命行っているのは現状「ブロガー」「WEBメディア」だけなので、SEO対策を本気で行う事は、結果を生み出しやすくなります(出来ていない会社が多いから)。

Googleの方針

Googleの方針。それは「ユーザーにとって価値のあるコンテンツを重要視する」というシンプルなものです。
その為、1つのページに情報がほとんどないページや同じ情報が1つのサイト内の複数のページに存在する場合など、ユーザーにとって見辛いようなサイトは評価を落としますし、内容が非常に薄いようなコンテンツはユーザーにとって価値のあるようなコンテンツとは認識されず、これもまた評価を落とす事に繋がります。

Googleからの評価を落とす=検索順位が下がる
という事です。

検索順位を上げるには?

検索順位を上げるには、良質なコンテンツを作ってゆくことに加えて、以下の2点が重要になります。

内部対策

検索エンジンの評価は基本的にロボットが行います。内部対策は、ロボットが評価しやすくするサイトの構造にすることが重要とされます。
「サイトマップの作成」「内部リンクによるクローラーの巡回促進」「ホームページの構造の最適化」「タグの最適化」など制作時にロボットに認識させやすくする工夫が必要になります。
ロボットは、人間が見て見やすい構造になっているか?を判断するので、検索エンジンのロボットからの評価を上げることは、ユーザーにとって見やすい構造になっていることに繋がります。

外部対策

外部対策は基本的に「被リンク」と「その被リンクの品質」が重要視されます。良質なサイトは他のサイトで取り上げられる(リンクを貼られる)ということが重要視されます。しかし、スパムのような被リンクは逆に評価を下げることに繋がるので、同時にその被リンク元の品質も問われます。外部対策を強化することは、サイト制作時に行えることは少ないですが、オウンドメディアのようなサイトを立ち上げて良質なコンテンツを別で確保してリンクすることも可能です。

このように基本的には対策が可能な内部対策を突き詰めて行っていく形となります。SEOの内部対策は様々な手法があります。SEOに関する細かい手法はブログ記事でまとめていますので、ご覧ください。また、全てに目を通さなくても、ホームページ制作時には私が内部対策を行いますし、納品時に必要な知識はお伝えいたしますので、ご安心ください。

Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google
Spotify
Consent to display content from Spotify
Sound Cloud
Consent to display content from Sound

©︎ニグラン